陰部のホワイトニング

こんにちは。
みかこクリニック院長の髙木美香子です。
私がご質問にお答えしていきます。

小陰唇の黒ずみが気になっています。
黒ずみを薄くすることはできますか?

はい、できます。
複合レーザー機器『フォトナ』によるホワイトニングが可能です。

ここでは、フォトナのエルビウムヤグレーザーを用いた、
『小陰唇のホワイトニング』をご紹介します。

この方法は、フォトナのエルビウムヤグレーザーで、小陰唇の粘膜を一度削り(一皮めくり)、粘膜の再生を図る過程で小陰唇の粘膜の色と質感を改善させるという施術です。

以下では、
貴重なモニター症例写真をご紹介します。

デリケートな部分の写真ですので、画像には少しフィルターをかけた上で、ぼかしを入れていますが、施術前後の色や質感の変化はお分かりいただけると思います。

なお、みかこクリニックでカウンセリングを受けられる際には、ぼかしのない鮮明な画像をご覧いただけます。

ではまず、症例①のA様です。
結果からご覧ください。

今回のモニター患者様のケースでは、
完治までに約3週間を要しました。

3週間の経過もご覧ください。

完治までの約3週間という期間ですが、これは経過としては長い方です。

通常は約2週間で完全に粘膜が再生して治ります。

今回のモニター患者様が3週間かかった理由ですが、

実は今回の施術では、下の写真の赤い矢印の部分のボリュームを減らす目的で、この部分のみ、わざと深く削ってあります。

このため、完全に治るのに3週間が必要となりました。

ですが、その効果で、向かって右側の小陰唇のボリュームが減り、左右差が目立たなくなっていることがお分かりいただけると思います。

続いて、症例②のB様です。

B様は、小陰唇がもともと小さいので、黒ずんでいる部分を切除すると小陰唇がほとんど無くなってしまう可能性があります。

このように小陰唇が小さい患者様は、フォトナのエルビウムヤグレーザーによるホワイトニングがとてもよい適応となります。

B様の経過写真をご覧ください。

閉じた状態の写真もご覧ください。

粘膜の色調と質感の変化を、ぼかしなしでご覧ください。

レーザー照射による皮むけが完全に治癒するまでに、約2週間を要しましたが、ピンク色の新しい粘膜が再生され、非常に綺麗な色調と質感に生まれ変わっています。

大きさも若干縮んでいることがお分かりいただけると思います。

B様は、施術後どのような素材でどのように処置をすると楽に過ごせるか、いろいろと実験・研究をしてくださり、その貴重な研究結果を私たちに詳しく教えてくださいました。

現在では、その教えていただいた方法を基にした施術後の処置の方法を他の患者様にもお勧めしています。

貴重な症例写真をご覧いただきましたが、いかがでしたか。

小陰唇の色(黒ずみ)に悩まれている方は多いと思います。

通常、その改善には手術を勧められることが多いのですが、手術以外でも小陰唇の色調を改善させる手段があることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

特に、小陰唇が小さくてこれ以上切除する組織がないという方には、最適な方法だと言えます。

また、フォトナによるホワイトニングでは、エルビウムヤグレーザーの熱によって組織が縮むタイトニング効果もありますので、小陰唇が2割程度縮小する印象があります。

ですので、小陰唇がそこまで大きくないけど、ほんの少し小さくして、色調と質感を改善させたいという方にも、とてもよい方法だと言えます。

髙木美香子
みかこクリニック 院長(形成外科専門医)
愛知県一宮市の美容クリニック「みかこクリニック」の院長をしています。形成外科医・美容外科医として20年余りの経験をもとに、患者様おひとりおひとりのご納得のいくゴールに向かって、患者様と共に日々走り続けています。クリニック選びの大切な判断材料として、美容医療の情報発信にも努めています。amebaブログでも日々最新情報を更新していますので、ぜひご覧ください。

ブログでも最新情報を発信中です